CODE

Sourcetreeを使用してGitHubのプライベートリポジトリをクローンする方法

GitHubで、リモートリポジトリをローカルマシンにクローンすることで、ソースコードの変更やバージョン管理を簡単に行えます。この記事では、Sourcetreeを使用して、GitHubのプライベートリポジトリをクローンする方法についてまとめてみました。

Sourcetreeのダウンロードとインストール

Sourcetreeの公式ウェブサイトにアクセス

Sourcetreeを使用するためには、まず公式ウェブサイトにアクセスし、最新バージョンをダウンロードします。
https://www.sourcetreeapp.com/

ダウンロードとインストール

ダウンロードが完了したら、インストーラを実行してSourcetreeをインストールします。指示に従って進めれば、数分で完了します。

 

GitHubアカウントの設定

GitHubのアカウント作成

Sourcetreeを使用してGitHubのプライベートリポジトリをクローンするには、まずGitHubのアカウントが必要です。アカウントを持っていない場合は、https://github.com/ で新しいアカウントを作成してください。

SourcetreeとGitHubの連携

Sourcetreeを起動し、メニューバーの「ツール」→「オプション」を選択します。オプションウィンドウが表示されたら、「認証」タブをクリックし、「GitHubアカウントの追加」ボタンをクリックします。GitHubの認証情報を入力し、SourcetreeとGitHubを連携させます。

 

リポジトリのクローン

リポジトリURLのコピー

GitHubのプライベートリポジトリをクローンするには、リポジトリのURLが必要です。GitHubのウェブサイトにアクセスし、クローンしたいリポジトリを開きます。緑色の「Code」ボタンをクリックし、「HTTPS」のURLをコピーします。

Sourcetreeでクローンを作成

Sourcetreeを起動し、メニューバーの「ファイル」→「クローン/新規作成」を選択します。URL欄に先ほどコピーしたリポジトリのURLを貼り付けます。保存先のフォルダを指定し、クローンボタンをクリックします。

リポジトリのクローン完了

Sourcetreeがリポジトリをクローンするために必要なファイルをダウンロードし、完了するまでお待ちください。クローンが完了したら、Sourcetreeのインターフェースでリポジトリの詳細やブランチを表示できます。

 

まとめ

この記事では、Sourcetreeを使用して、GitHubのプライベートリポジトリをクローンする方法についてまとめてみました。

▼HTML/CSS/JavaScriptの学習本を探してる方はこちらの記事をどうぞ

2023年版 Webコーディングにオススメの学習本【HTML/CSS/JavaScript】この記事では、初心者から中級者以上まで、Webコーディングの学習にオススメの学習本をご紹介します。この記事で紹介する本は、分かりやすい解説や実践的な例題、デザインや解説図など、学習をサポートするいろんな要素が含まれている本を選びました。ぜひ、自分に合った本を見つけて、ウェブ制作のスキルを磨いてみてください。...

 

ABOUT ME
りん
QA 1年 / Webデザイナー 2年 / SE 2年 / フリーランスSE 1年 / SE人事・開発PM 半年 / 沖縄から福岡に移住3年目 / 趣味や好きなことをブログにまとめてます