アニメ

【Netflix】アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』を視聴した感想

Netflixでアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』が配信されているので、視聴した感想や見どころをまとめました。

また、Netflixの使用感についても書いているのでぜひ参考にしてみてください。

 

『涼宮ハルヒの憂鬱』のあらすじ

晴れて高校生となった平凡を求める一般人・キョンは、自己紹介の際に同じクラスに奇妙な女子生徒がいることを知る。

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」

自己紹介でそう宣言した少女・涼宮ハルヒは、ルックスはいいものの変人であるという評価を得て、たちまちクラスからは孤立することとなる。

そんなハルヒに興味が湧いてしまったキョンは、ハルヒが後ろの席ということも相まって話しかける。

ハルヒが言うところの「ただの人間」であるキョンだが、何がハルヒの琴線に触れたのか、キョンはハルヒのクラスで唯一の話し相手となる。

GWも過ぎた頃、ハルヒは楽しめる部活がないことに嘆いていた。

そんなときにキョンが放った言葉で、ハルヒは自分で部活を作ることを決める。

もちろん、キョンも巻き添えにして。

部員一人とほぼ廃部状態だった文芸部の部室をまたたく間に占領したハルヒは、唯一の文芸部員だった長門有希、メイド兼マスコットとして朝比奈みくる、謎の転校生枠として小泉一樹を強引に引き入れ、”SOS団”を結成する。

その活動内容は、宇宙人や未来人、超能力者を探し出して、一緒に遊ぶというもの。

呆れるキョンだったが、長門有希、朝比奈みくる、古泉一樹からそれぞれが宇宙人・未来人・超能力者であることを順番に打ち明けられ、唖然とする。

それぞれ目的があってハルヒの近くにいるのだと言うが、平凡を望む一般人だるキョンにとっては知りたくなかった事実である。

かくして、キョンは関わりたくもない非日常に半ば強引的に関わらせられながら、今日も平凡な日常を求めるのだった。

 

『涼宮ハルヒの憂鬱』の見どころ

そんな『涼宮ハルヒの憂鬱』の見どころを3つ紹介します!

見どころ①:かつてない破天荒なヒロイン・ハルヒと主人公を取り巻く魅力的なキャラクター

『涼宮ハルヒの憂鬱』の見どころの一つが、ハルヒを中心とした魅力的なキャラクターの数々です。

ハルヒはこれまでのヒロイン像をぶち壊す破天荒なキャラクターで、周囲の人々をこれでもかというほど振り回します。

それでも憎めない魅力があるというのは、すごいキャラクターですよね。

振り回されることになるSOS団のメンバーも、それぞれ違った属性の魅力的なキャラクターばかりです。

特にハルヒ、有希、みくるの3人は、リアルの人たちで派閥ができるほどの爆発的な人気を誇りました。

 

見どころ②:SFであり、日常系であり、ラブコメもありという独特のジャンル

『涼宮ハルヒの憂鬱』のすごいところは、さまざまなジャンルを寄せ集めているのに、それがうまく噛み合っているところです。

ハルヒの行動ひとつで、世界の命運まで変わってくるという、いわゆるセカイ系の要素があります。

しかし、物語は基本的には学園での日常を描かれており、唐突に濃密なSFが登場します。

ジャンルのごった煮とも言えるのですが、それがきれいなストーリーとしてまとまっています。

 

見どころ③:濃密なSF設定

一見するとジャンルの分類に迷う作品で、いわゆる学園小説ではあるのですが、物語のいろんなシーンで登場する濃密なSF設定が一筋縄ではいかない作品を作り上げています。

宇宙人・長門有希、未来人・朝比奈みくる、超能力者・古泉一樹は、単にキャラクターに色を付けるだけの設定というわけではなく、それぞれにしっかりとした設定が作られていて、物語全体に大きく関係しています。

作中には人間原理や多元宇宙論、多世界解釈、カオス理論、世界5分前誕生仮説、哲学的ゾンビといったSFではお馴染みの概念が多数登場するので、SFが好きだという方にもオススメです。

 

『涼宮ハルヒの憂鬱』を視聴した感想

2000年を代表するアニメで、深夜アニメの元祖とも言われるアニメが『涼宮ハルヒの憂鬱』です。

もちろん、ぼくもアニメを見始めたきっかけがこのアニメです。

カラオケでよく歌われる『God knows…』、当時は踊ってみたで流行となった『ハレ晴レユカイ』など、今でもその人気が持続しているのはすごいですよね。

『God knows…』が誕生した『ライブアライブ』の回は、当時の描写と、この音楽との映像にとても引き込まれました。

SF好きだけでなく、アニメ好きならばぜひ観てほしいアニメです。

 

Netflixの使用感

時期にもよりますが、『Netflix』は深夜アニメ以外も含めると、15作品前後の新作アニメが配信されています。そのため、ぼくは『Netflix』と『dアニメストア』の2つを使用しており、Netflixに足りないアニメ分をdアニメストアで観てます。

価格はNetflixの800円dアニメストアの400円2つ合わせても1,200円と、安くで十分なアニメライフを送ることができてます。

【2年継続中】Netflixを利用した感想やレビューNetflixの利用を考えている人向けに、2年以上利用しているぼくがNetflixを実際に利用している感想や情報をご紹介します。...

たまに、新作アニメにおいて、Netflixとdアニメストアでは痒い所に手が届かないなと感じることがあります。配信作品に不安を感じる方は、VODの無料トライアルで試してみることをオススメします。

ただ、残念なことにNetflixでは無料トライアルがありません
そのため、無料トライアルで試してみたい方は、下記で紹介するVODサブスクの無料トライアルを試してみてください。

 

無料トライアルがあるVODサブスク【オススメ3つ】

『Netflix』は安い方なのでそのまま登録して観ても良いですが、そもそもVOD(動画配信サービス)がどのようなものか試してみたい方は、無料トライアルが付いている他サービスを使ってみることをオススメします。

今回は、当記事で紹介したアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』が配信されている、オススメのVOD(動画配信サービス)を厳選してご紹介します。いずれも無料体験が可能で、無料期間中に退会すれば料金は一切発生しません

 

『U-NEXT』アニメ作品数No.1!3,000作品以上!

U-NEXT
  • 料金:1,990円
  • 無料期間:31日

新作アニメにおいて、『Netflix』だと曜日ごとに1,2種類ずつしか配信されていませんが、『U-NEXT』は『Netflix』より多く配信されています。

アニメの配信数が過去作含めて3,000作品以上と最も多く、新作アニメの配信作品が多いことも特徴です。全ジャンルを含めると14万作品が配信されています。

また、70誌以上の雑誌が読み放題になっていたり、32万冊のコミックや書籍を収録しています。

動画以外のコンテンツもあるので、他社に比べて割高ですが、実際はとてもお得なサービスです。

 

『dアニメストア』アニメ専門ならこれ一択。

キャンペーン
  • 料金:400円
  • 無料期間:31日

普段はアニメしか観ない方には『dアニメストア』がオススメです。

アニメの配信数は3,000作品以上あって400円なので、圧倒的なコスパの良さです。

 

『Hulu』海外ドラマ、日テレのドラマやバラエティが豊富。

コナン
  • 料金:1,026円
  • 無料期間:14日

アニメ以外に、人気の海外ドラマや、日テレのドラマやバラエティ番組が豊富なのが特徴です。

最近は、『Netflix』に負けじとオリジナルコンテンツにも力を入れているので、ここでしか観られないドラマやバラエティも配信されています。

 

 

ABOUT ME
りん
フロントエンドエンジニア / 趣味ブログ / 沖縄から東京に就職1年SE→ 1年フリーランスSE→ 沖縄移住2年Webデザイナー → 福岡移住1年目フロントエンドエンジニア / HTMLCSS大好物 / JS / PHP / Laravel / WordPress / VScodeでVim使う人