アニメ

【dアニメストア】アニメ『氷菓』を視聴した感想

dアニメストアでアニメ『氷菓』が配信されているので、視聴した感想や見どころをまとめました。

また、dアニメストアの使用感についても書いているのでぜひ参考にしてみてください。

 

『氷菓』のあらすじ

話の舞台はミステリーとは無縁そうにも感じられる、神山高校の古典部。

主人公・折木奉太郎は同校の卒業生である姉からのすすめで部員ゼロ、廃部寸前の古典部に入部するところから始まります。

奉太郎のモットーはめんどくさいことには関わらず、エネルギーは極力消費しない。つまり、『省エネ主義』。

一人で静かに過ごせるならと、部室に入りますがそこには「私、気になります!」が口癖の好奇心旺盛のヒロイン・千反田えるの姿が。

さらには奉太郎の腐れ縁である福部里志。

福部に想いを寄せる伊原摩耶花をも巻き込んで古典部は復活を遂げます。

古典部の活動内容は不明。

千反田が日々学園内で「気になって仕方がない」ことに対して、奉太郎が巻き込まれる形で真相解明に挑むミステリーものとして話が展開していきます。

ミステリーといっても人が死ぬような大事件は起きません。

  • 図書室の本の貸し出し履歴がおかしい。
  • 古典部が作成した文集につけられたタイトルの意味は?
  • 今かかっている職員室からの校内放送にはどのような意味が隠されているのか?
  • 神社の倉庫に閉じ込められた。仲間だけに危機を伝えるには?

など。
普通に生活している分には絶対気になるようなことがない。

知るのもめんどくさい内容を本気でロジカルに解明していきます。

ささいなことでも、気になることは解明しないと気が済まない千反田と、知るのもめんどくさいけど真相を解明できてしまう奉太郎の掛け合いは非常におもしろく、見ていて飽きません。

回を進めるごとに省エネ主義であった奉太郎にも心の変化が起き始め、千反田えるの存在がかけがえのないものに変わっていきます。

あらすじらしいあらすじがないところもまた『氷菓』のおもしろいところだね。
日々の会話と謎解き。4人の日常。ミステリーだけど、日常系ジャンルとも言える作品だね。

 

『氷菓』の見どころ

評価はミステリーものとして非常によくできています。

謎そのものは日常に転がっているありきたりなもの。

でも、深く考えてみるとちょっと気になってしまう。

そんな『氷菓』の見どころを3つ紹介します!

見どころ①:恋愛は省エネではできない

主人公・折木奉太郎は「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする省エネ主義者です。

しかし、ヒロイン・千反田えるへの好意を向けるうちに知らず知らずのうちに省エネでなくなっていきます。

そんな恋物語も必見です。

また、物語の構成として、最初に謎が提起されます。

彼が抜群の推理力を発揮する瞬間は爽快です。

 

見どころ②:千反田はなぜ部室に閉じ込められていたの?

「私が来た時、この部室の鍵は開いていました。でも折木さんが来た時は鍵は閉まっていたと言います。不思議です!」

奉太郎と千反田の出会いの日、初めての小さなミステリーがこれです。

奉太郎は職員室で部室の鍵を受け取り、鍵を開場して部屋へ入りました。

すると、そこにはすでに千反田えるの姿が。

神山高校の扉は中からも外からも”鍵でしかロックできない”。

「気になります!私、なぜ閉じ込められたのでしょう?折木さんも一緒に考えてください!私、気になります!」

千反田が部室に入ったのは折木が来る約3分前。

部室の鍵を持っていたのは折木。

ということは・・・?

 

見どころ③:ある本の貸し出し履歴

「私が当番で金曜放課後図書室に来ると、毎回同じ本が返却されているの。」

伊原摩耶花の初登場の回で、彼女を驚かせたミステリーです。

図書室で貸し出しされている面白みのない普通の学校誌。

普通であれば誰も見向きもしないような本の貸し出し履歴がおかしいというお話。

毎週金曜日に貸し出され、その日のうちに返却されている。

時間も曜日も一緒なのに、借りる人はいつも違う人。

5週連続で昼休みに借りて、放課後に返す。

これを偶然だと言い張るのは簡単だけど、それでは千反田は納得しない。

 

『氷菓』を視聴した感想

「ミステリー系のアニメならこれ」と心の底から言えるくらいとても良いアニメです。

キャラだけでなく、世界観や作画が作品にとてもマッチした表現がされていました。

おもしろすぎて原作である小説も読みましたが、ストーリーも忠実に表現されていると感じました。

アニメ化でよくあるのが、尺の関係で原作を縮小して表現することですが、『氷菓』はそれを感じられなかったのが良いところです。

 

『dアニメストア』アニメ専門ならこれ一択。

キャンペーン
  • 料金:400円
  • 無料期間:31日

普段はアニメしか観ない方には『dアニメストア』がオススメです。

アニメの配信数は3,000作品以上あって400円なので、圧倒的なコスパの良さです。

 

dアニメストアの使用感

時期にもよりますが、『dアニメストア』は深夜アニメ以外も含めると、20作品以上の新作アニメが配信されています。そのため、ぼくは『Netflix』と『dアニメストア』の2つを使用しており、Netflixに足りないアニメ分をdアニメストアで観てます。

価格はNetflixの800円dアニメストアの400円2つ合わせても1,200円と、安くで十分なアニメライフを送ることができてます。

たまに、新作アニメにおいて、Netflixとdアニメストアでは痒い所に手が届かないなと感じることがあります。配信作品に不安を感じる方は、VODの無料トライアルで試してみることをオススメします。

他サービスの無料トライアルで試してみたい方は、下記で紹介するVODサブスクの無料トライアルを試してみてください。

 

無料トライアルがあるVODサブスク【オススメ2つ】

『dアニメストア』はかなり安いのでそのまま登録して観ても良いですが、そもそもVOD(動画配信サービス)がどのようなものか試してみたい方は、無料トライアルが付いている他サービスも使ってみることをオススメします。

今回は、当記事で紹介したアニメ『氷菓』が配信されている、オススメのVOD(動画配信サービス)を厳選してご紹介します。いずれも無料体験が可能で、無料期間中に退会すれば料金は一切発生しません

 

『U-NEXT』アニメ作品数No.1!3,000作品以上!

U-NEXT
  • 料金:1,990円
  • 無料期間:31日

新作アニメにおいて、『Netflix』だと曜日ごとに1,2種類ずつしか配信されていませんが、『U-NEXT』は『Netflix』より多く配信されています。

アニメの配信数が過去作含めて3,000作品以上と最も多く、新作アニメの配信作品が多いことも特徴です。全ジャンルを含めると14万作品が配信されています。

また、70誌以上の雑誌が読み放題になっていたり、32万冊のコミックや書籍を収録しています。

動画以外のコンテンツもあるので、他社に比べて割高ですが、実際はとてもお得なサービスです。

 

『Hulu』海外ドラマ、日テレのドラマやバラエティが豊富。

コナン
  • 料金:1,026円
  • 無料期間:14日

アニメ以外に、人気の海外ドラマや、日テレのドラマやバラエティ番組が豊富なのが特徴です。

最近は、『Netflix』に負けじとオリジナルコンテンツにも力を入れているので、ここでしか観られないドラマやバラエティも配信されています。

 

 

ABOUT ME
りん
フロントエンドエンジニア / 趣味ブログ / 沖縄から東京に就職1年SE→ 1年フリーランスSE→ 沖縄移住2年Webデザイナー → 福岡移住1年目フロントエンドエンジニア / HTMLCSS大好物 / JS / PHP / Laravel / WordPress / VScodeでVim使う人